AGAクリニックに通院する期間はどれくらい?

AGA(男性型脱毛症)はAGAクリニックで治療することが出来るという知識は以前よりもかなり広まってきており、AGAに悩まされている方の多くがAGAクリニックに通院をしています。

また、今はまだAGAクリニックに通院をしていなくても、AGAを治療したいと思っている方は多いでしょう。

そういった方にとっては、AGAクリニックではどのような治療を行うのかや、通院期間はどれくらい必要なのかは気になるポイントなのではないでしょうか。

AGAクリニックの治療期間は?

まず、AGAクリニックと一口に言っても治療の内容は異なります。

最も基本的な治療となるのはフィナステリドを含有したプロペシアなどの内服薬の処方によるものです。

AGAは男性ホルモンが還元酵素の働きによって、抜け毛を引き起こすDHTというものに変化することで生じる脱毛症です。

フィナステリドはこのDHTの生成を促している還元酵素を阻害する薬になっています。

フィナステリドによって還元酵素の働きが阻害されるので、DHTが生成されず抜け毛が止まるということになります。

このフィナステリドを中心とした治療をする場合の通院期間ですが、効果が現れるかどうか最低6ヶ月は様子を見たほうがいいと言われています。

と言うのも、髪の毛に限らず人間に生えている毛はヘアサイクルという毛の生え変わりの周期があるのです。

このヘアサイクルに合わせると、目に見えて効果が出るまで少なくとも6ヶ月程度は見ないと効果の有無すらわからないので、最低6ヶ月程度は治療を継続する必要があります。

実際、フィナステリドを服用して頭皮に何らかの効果が得られるパーセンテージは1年目よりも2年目の方が高くなり、3年継続すると98%の人に何らかの効果が得られるとされているようにある程度長い目で見てあげる必要があるのです。

通院はどこまでいったら終わりになるのかですが、これは治療を受ける患者の考え方一つです。

このフィナステリドを服用して治療する方法は、AGAを根本的に治療しているわけではなくあくまでも対処療法になるので、フィナステリドの服用を中止するとAGAの症状が再び出てきてしまいます。

したがって、効果を永続的に得たい場合は治療をし続けるということが必要になるということです。

しかし、ある程度のところまで回復し、もう満足したという場合には服用する薬の量を減らすなどは可能です。

基本的には1日1錠服用するのですが、2.3日に1錠に変更するなどでも現状維持の効果は得られるとも言われています。

この辺りのさじ加減に関してはAGAクリニックの医師とよく相談して決めるということが必要になるでしょう。

AGAクリニックの中には自毛植毛による治療を行っているところもある

AGAクリニックの中には内服薬の治療だけではなく、自毛植毛による治療を行っているところもあります。

自毛植毛とは、後頭部や側頭部といったAGAの影響を受けにくい部分の毛包を前頭部や頭頂部といったAGAによって薄毛化した部分に移植するという治療法です。

移植した部分の髪は後頭部や側頭部と同じようにAGAの影響を受けずに生え変わり続けるようになります。

自毛植毛の場合、移植して定着すればずっと自分の髪が生え変わり続けるので、基本的に満足する毛量にすることが出来たらその後の治療の必要はありません。

したがって、イニシャルコストは自費診療の手術になるので高額になりますが、ランニングコストがかからないのでリーズナブルという考え方もできます。

通院期間は術後のガーゼ交換などのあとは数カ月おきの定期検診を1年程度受けるだけです。

ただし、自毛植毛した部分は改善されますが、移植していない部分に関してはAGAが進行する可能性もありますのでAGAクリニックとよく相談することが大切です。