AGA治療を受ける際に注意点はある?

AGAと診断されると、多くの場合、AGAの進行を止める薬を長期間飲み続けることになります。

AGA治療を受けるにはどこで相談したらよいのでしょうか。

医療機関の診療科で言えば、頭皮や髪も皮膚の一部ですから皮膚科が専門になります。

皮膚科での抜け毛治療は保険外扱いになるので、必ずしも薄毛対策として薬を処方してくれるとは限りません。

薄毛の原因が皮膚の疾患であった場合は保険で対処してくれますが、それ以外の薄毛対策については各病院の判断に任されています。

最寄りの皮膚科を受診するのであれば、AGAや薄毛に対処してくれるのかどうか電話等で確認してから受診した方が良さそうです。

最近増えてきているのが発毛外来とも呼ばれるAGA専門クリニックです。

発毛に関する専門の医師がおり、AGAかどうかの診断を行っています。

また、医薬品の処方や各種発毛医療を受けることができます。ここでも薄毛や発毛に関する治療は保険外診療になります。

発毛に関する飲み薬や外用薬などは医院で独自に配合したものを処方するところもあるようです。

薬の処方だけでなく、植毛などの方法もあり、選択肢の幅は広がります。クリニックでは治療に関するカウンセリングは無料のところが多いようです。

どのような治療を受けるのかしっかりと説明を聞いて自分の納得する形を選択することができます。

また、遺伝子検査などを用いてどの薬が適しているのかの診断なども行っている場合があります。

医療機関以外はリスクがある

その他に医療機関ではありませんが、育毛サロンと呼ばれるところもあります。

薬の処方はありませんが、美容系のサロンとしてシャンプーやクレンジングなどで髪の育成に力を入れているところは多いようです。

また、AGAの薬はインターネットなどで海外から安く手に入れることができます。

ただし薬を個人輸入する場合は何が起きても自己責任になります。薬の成分が本当に安全かどうかはわかりませんし、それが自分に合う薬かどうかも自己判断になります。

基本の成分以外に添加物が含まれていることもありますし、副作用の心配もあります。もし薬が合わなかった場合は専門医院で治療を受けることになる場合もあります。リスクの大きな方法だといえるでしょう。

いずれの方法にせよ、AGA治療を受けるにあたっては知っておいたほうが良いことや注意点があります。

AGAの治療は長期間にわたります。

薬を飲んだからといって劇的に髪が生えるというようなものではないのです。

AGAの治療とは髪が抜けやすい状態、髪の成長が阻害される状態を食い止めることです。

そのため、薬を止めるとまた、AGAが進行することもあります。

薬の効果を実感するまでの期間は?

薬を飲み始めてから最初に効果を実感するまでの期間は人により違いますが、半年から1年くらいかかります。

また、効果が出るまでに一時的に抜け毛が多くなることもあります。

髪の生え変わるサイクルが変わるため、古くて弱い髪が抜けてしまうのです。抜け毛が増えるとびっくりして治療をやめる方もいるのですが、その間、やめないで治療を継続することが大切です。

少なくとも1年くらいは治療を続けることを前提に、AGA治療を始めるべきでしょう。

治療を始めるには若いうち、早い方が効果が高いようです。

AGAがあまり進行していないうち、自分の毛包がきちんと働いているうちに治療を始めた方が回復も早いのです。

また、薬には副作用もつきものです。

クリニック等で処方される薬は安全性の確認されたものですが AGA の治療薬は男性ホルモンの働きに関わるものですから、影響が全くないとは言い切れません。

残念ながら現時点ではAGAの完治と言えるものはありません。髪の抜けやすい状態の進行を食い止め、見た目の回復を図る治療がメインになります。

その上でどのように治療していくのか、どこまで治療を続けるのかしっかりと見極めていくことが大切です。