AGA治療に必要な費用や相場は?

AGA治療にかかる費用の相場はどうなっているのでしょうか。

AGAは命に関わる病気ではなく、見た目の問題であるため、AGA治療は保険が適用されません。薬等は全て自費扱いになります。

まず、AGA治療にはどのようなものがあるのかについて見ていきましょう。

AGAの治療として一般的なのは薬による治療です。

まず挙げられるのは内服薬です。代表的なものは3種類あります。プロペシアとザガーロとミノキシジルタブレットです。

プロペシアは男性ホルモンDHTの生成を抑制するものですが、1ヶ月分が約7000円です。プロペシアにはジェネリック医薬品フィナステリドもあり、これだと1ヶ月約6000円です。

ザガーロはプロペシアより大きな脱毛防止・発毛効果が期待される薬ですが、1ヶ月分が約8000~10000円です。

ミノキシジルタブレットは血管拡張作用があり、発毛を促進しますが、1ヶ月分が約10000円です。

これらの薬はインターネットなどで海外から個人輸入することもできます。

費用は安く抑えられ、プロペシアで約5000円、フェナステリドで約3000円、ザガーロで約5000円、ミノキシジルで約4000円となります。

ただし、個人輸入は何が起きても全て自己責任になりますので薬の成分が安全か、自分に合うか、副作用はどうかなどトラブルが多く、すぐに対処できないことも多いのです。

国内の医療機関で処方してもらうことをおすすめします。

AGA治療の外用薬は?

外用薬はミノキシジル配合のものが出されることが多いようです。

また、病院で独自に配合したものを処方されることも多いのですが、大体1ヶ月15000円~18000円のようです。

ミノキシジル配合の外用薬は市販品でも手に入り、こちらは1ヶ月7000円~8000円くらいになります。

AGAの治療薬は自由診療扱いになるので、病院によって多少値段が違います。

初回と2回目以降で値段が違うこともありますし、病院で独自配合のものを処方されることもあります。

AGA治療は長く続けることが前提になりますので、これらの薬を1 年間続けて飲んでいく費用を考えていくと治療に必要な金額もわかってきます。

例えば、内服薬プロペシアと外用薬ミノキシジルを処方されると1ヶ月22000円~25000円となり、1年では薬代として264000円~30万円ということになります。

このほかに初回の診察代や検査代(血液検査・遺伝子検査)などが入ってきます。遺伝子検査は費用がかかりますが、どの薬が自分に効きやすいかを把握できるので効果的な治療には役立ちます。

HARG療法や植毛について

発毛専門クリニックなどではこのほかの発毛治療も行っています。育毛メソセラピー、 HARG療法、植毛などです。

育毛メソセラピーは頭皮に直接育毛・発毛成分を注入する方法です。頭皮に直接成分を注入することで高い効果を挙げられます。費用は2万円~10万円くらいです。

HARG療法は最近注目されている毛髪再生療法です。

成長因子を頭皮に注入することで細胞が活性化され、発毛効果の継続が期待できます。

費用は1回が約15万円です。1回で済むこともあれば、数回繰り返して行うこともあるようです。

植毛はAGAが進行し、毛包がうまく機能しなくなった場合などに行うもので、薄くなったところに毛を直接植え付けるものです。

自分の毛を植え付ける自毛植毛と作られた髪を植える人工植毛があります。人工植毛だと約25万円、自毛植毛だと約100万円くらいかかるようです。

AGAの症状が進んで、高度な治療が必要になると費用も高額になることがわかります。

AGAは早いうちに治療を始めた方が回復も早く、結果的に費用も安く抑えることができるのです。

AGAの内服薬は一般の皮膚科等でも扱っているところもあります。

発毛専門クリニックでは、無料でカウンセリングを受けられるところも多く、治療の方向や薬について説明を聞いて納得してから治療を始めることができます。