優良なAGAクリニックを選ぶための見分け方とは?

最近では薄毛の治療には病院に行くと良いということが浸透してきました。

そのため薄毛治療ができるAGAクリニックが増えてきたものの、きちんとしたところに行かないと、希望していた結果を得られないといったことにもなりかねません。

そこでAGAクリニックの簡単な良し悪しの見分け方を覚えておくと良いでしょう。

まずはホームページを見て、気になったところがあれば電話をしてみます。

そして料金についてや治療のやり方を聞いてみましょう。

詳しく教えてくれるなら、そこは親身になってくれるAGAクリニックである確率が高いです。

それから多くのAGAクリニックでは、本格的に治療をする前に、無料のカウンセリングが受けられます。

その目的は、患者さんの頭皮の状態を調べるといったこともありますが、たいていはクリニックの治療方法についての説明です。

丁寧に教えてくれるのはもちろんですし、質問した際にも真摯に答えてくれるところを探しましょう。

加えて、検討する時間を与えてくれるAGAクリニックならなお良いです。

なぜならAGAの治療は保険が適用されないので、多くのケースで高額になってしまいます。

おまけに長期に渡って通院する必要があるため、患者さんとしてはすぐに決断できないのが普通です。

そのことを理解しているAGAクリニックなら、一週間後に連絡をしても契約できます。

加えて良い結果が出せる、適正な料金設定だと自信があるなら、他のクリニックと比較されることを嫌がりません。

むしろいろんなAGAクリニックを見てくるように勧めてくれるのは良いところです。

また、カウンセリングでは効果が出なかった時のことも聞いておきましょう。

毛が生えるまでやりますといった答えのところは、一見すると熱心に感じます。

ただ、見方を変えると、患者さんはいつまでもお金を払い続けることになるわけです。

それでは負担が増えるだけですから、半年ほど試しても改善しない場合は、他の方法を試してくれるのが良いAGAクリニックです。

返金してもらえることもありますし、別のAGAクリニックを紹介してもらえることもあるのです。

先生がAGA治療の専門家であることを確認する

他にも、先生がAGA治療の専門家なのかどうかの確認もしておきたいです。

皮膚科の先生も薄毛の治療を行っているケースも多いからです。

違反ではありませんし、AGA治療に長けた皮膚科医もいます。

それでもAGAの専門医の方がノウハウを持っていたり経験豊富だったりするので、改善する確率が上がります。

処方してくれる薬も注目しておきたいポイントです。

AGAクリニックの中にはいくつかの薬を混ぜて作ったオリジナルの薬を出してくれる場合も少なくありません。

自分たちで作った薬で薄毛が改善すれば、クリニックの良い宣伝になります。

しかし、そのような薬の多くは高額なので、患者さんの立場からすれば選びにくいです。

市販されているような一般的な薬では駄目なのかを聞いてみます。

可能であればジェネリックはないのかも相談してみるのも良い方法です。

患者さんのことを考えてくれるAGAクリニックなら、すでに実績のある薬や安価なものを使ってくれます。

もちろんしっかりと専門医の説明を受けた上で、自分に合っていると確信でき、なおかつ価格も納得できるなら、オリジナルの薬にしても問題ないです。

自宅から通えるのかどうかも確認が必要です。

AGAクリニックで治療を開始すると、人にもよりますが一ヶ月に一度くらいの割合で、一年ほど通院することになります。

どんなに良いAGAクリニックだったとしても、行けなければ意味がないです。

なるべく普段から行動している範囲内にあるAGAクリニックにしておくと、無理なく治療を続けられます。