薄毛やAGAは遺伝するって本当?

最初に結論として、AGAは非常に高い確率で遺伝します。

これは医学的にもはっきりと証明されている事実で、またAGAに関係する遺伝は父方ではなく母方の遺伝子です。

「父親が薄毛だから、自分も薄くなる」または、「お祖父ちゃんがつるつるだから、きっと自分もつるっぱげになるだろう」と考えている方は、落ち着いてこのAGAと遺伝に関する記事を読んでください。

AGAの発症原因は、DHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンです。

ただしDHTが直接AGAを引き起こすわけではありません。

発毛に関係する毛乳頭細胞のアンドロゲンレセプターがDHTと結合して脱毛因子ができることが原因で、脱毛が促されるのです。

つまりAGAの起こる直接原因は、アンドロゲンレセプターということになります。

そしてここで遺伝が関係するのですが、アンドロゲンレセプターの備えている性質は親から子どもに遺伝することが分かっているのです。

しかもアンドロゲンレセプターの受容性が高ければ高いほどDHTと結合しやすい性質を備えており、脱毛因子ができやすくなってしまいます。

要は、アンドロゲンレセプター次第で「はげやすくなる」と言うことです。

アンドロゲンレセプターの性質は、父親ではなく母親からの遺伝で決まってきます。

一般的に男性より女性の方が薄毛になりにくいため、自分のAGAに関する遺伝子について知りたい方は、母方の祖父が薄毛もしくははげているかどうかをしっかりと確認してください。

もし母方の祖父が既に亡くなっているのであれば、母方の親族の男性に薄毛が多いかどうかを確かめましょう。

そして残念ながら自分がAGAになりやすい遺伝子を受け継いでいる事実が判明した方は、早期に対策をしていくことがお勧めです。

なぜなら薄毛そのものが遺伝するわけではなく、遺伝で受け継ぐのは薄毛になりやすい、つまり「AGAを発症しやすい遺伝子」だからです。

しかしAGAになる原因は、遺伝が全てというわけではありません。

AGAを発症してしまうのには、「加齢」や「ストレス」といった原因も充分に考えられます。

ただし加齢は遺伝に関係なく誰にでも訪れる現象ですが、ストレスは自分の努力次第で減らすことができるのです。

AGAは遺伝子よりも発症しない環境作りが大事

AGAとなるスイッチを入れるきっかけはDHTですが、通常時に分泌されている男性ホルモンであるテストステロンよりも、DHTは男性ホルモンとしての強い作用を持っています。

例えばストレスによってホルモンバランスが悪くなってしまうと、体はそれを補うためにテストステロンではなくDHTを分泌することで体内を安定させるのです。

しかし分泌されたDHTによって、AGAが発症するスイッチが入ってしまいます。

AGAになりやすい遺伝子を持っている方の体内でDHTが大量に分泌されたら、それが原因で一気にAGAが進行してしまうことも考えられるでしょう。

大切なのはAGAになりやすい遺伝子を持っているかどうかよりも、発症しない環境を整えることなのです。

またAGAは、進行性という特徴を持っていますので、自分で環境を整えることも重要になってきますがAGA専門クリニックに相談してみることを考えてみましょう。

たとえAGAの症状が出ていない場合でも、遺伝が気になる方はクリニックでの検査がお勧めです。

検査によって自分の遺伝子に関して予め知識を持つことができるため、実際にAGAの症状が酷くなる前に適切な手段を取ることも可能になってきます。

薄毛やはげになってしまうAGAは、遺伝の要素が大きいことは確かです。

それに関連しているアンドロゲンレセプターの性質に関する遺伝子は、母方から受け継ぐという事実が科学的にも証明されています。

ただしAGAが発症する原因は遺伝だけではないため、規則正しい日常生活を送るなどといったことでAGAの発症を防くこともできるのです。