AGA治療で処方される薬の仕組みは?

AGAによって脱毛が進行してきてしまったというときには有効性が高い治療薬をクリニックで処方してもらうことができます。

飲み薬として処方されるのが一般的であり、継続的に飲み続けることによって髪の毛が自然に生えてくるようになると期待できるというのが特徴です。

この作用メカニズムは詳細に解析されています。

AGAによって脱毛が進行してしまう原因は、頭皮にデヒドロテストステロンが蓄積してしまうことです。

デヒドロテストステロンは毛乳頭細胞にあるデヒドロテストステロン受容体に作用すると、ヘアサイクルが退行期に入ってしまうようになり、髪の毛が抜けて生えない方向に働きかけてしまいます。

通常は退行期の後に休止期を経て成長期に入っていくことになりますが、このうちの成長期を短縮してしまうために十分に髪の毛が生えなくなるというのがAGAにより脱毛が進行するメカニズムです。

この問題を解決するためにはデヒドロテストステロンの作用を減らす必要があると考えるのが妥当であり、AGAの治療薬はその作用を示すことができます。

デヒドロテストステロンは誰もが自然に産生しているものであり、男性ホルモンであるテストステロンから5α-レダクターゼII型によって代謝を受けて合成されるのが特徴です。

代表的なAGAの処方薬は5α-レダクターゼII型を阻害することによってテストステロンからデヒドロテストステロンが合成されるのを抑制することにより、デヒドロテストステロンの濃度を低下させることができます。

すると毛乳頭細胞にあるデヒドロテストステロン受容体への作用が弱まるため、成長期に入ったヘアサイクルが退行期に入りにくくなり、十分に髪の毛が成長できるようになるのです。

AGA治療によく使用される薬には別に作用メカニズムを持っているものもある

一方、AGAの治療によく使用される薬には別の作用メカニズムを持っているものもあります。

テストステロンからデヒドロテストステロンが作られるのは正常な代謝過程なので、これを阻害するのではなく、不要になったデヒドロテストステロンを取り除けるようにする作用がある薬もよく使用されているのが現状です。

この薬の場合には頭皮の毛細血管を拡張させる作用を持っています。

頭皮には細い毛細血管が無数に通っていますが、その血流が悪いことによって産生されたデヒドロテストステロンを血流を介して除去できなくなっていることがあるのです。

血管を拡張させることによって血液の流れが良くなると、産生されたデヒドロテストステロンは血流に乗って取り除かれていくことになります。

これによって毛乳頭細胞への刺激を減らし、ヘアサイクルを正常化させるというのが基本的なメカニズムです。

また、血行が良くなることによって副次的に髪の毛が伸びやすくなるという効果も期待できます。

血流に乗って頭皮に運ばれてくるタンパク質やビタミン、ミネラルなどの髪の毛を作るのに必要な栄養や、赤血球によって運ばれてくる酸素を供給しやすくなるからです。

これによって栄養不足や循環不良によってAGAの症状を悪化させてしまっているケースでも改善を期待することができます。

このタイプの薬は飲み薬としても使用されていましたが、頭皮への塗り薬としてよく処方されるようになっているのが特徴です。

これらの二種類の薬は作用メカニズムが違うことから併用することが可能です。

両方の原因に働きかけることによって効率良くAGAの対策ができるという考えでクリニックでも併用療法を行うことが増えてきました。

AGAによる脱毛を抑制するために薬をうまく利用していきたいと考えたら、二種類処方されても同じような薬だと思わずにそれぞれ違う効果が期待できると認識して使用していくことが大切です。