AGAは専門医師の治療で治る?

男性の頭皮環境で多くの方が気にしているのが、AGAです。

AGAは男性型脱毛症の略称で、名前の通り男性特有の脱毛の悩みとなっています。

髪の毛には一本ずつそれぞれ寿命があり、髪の毛が生える成長期、髪の毛が抜ける退行期、髪の毛を新しく生やすための休止期と、三つのサイクルを繰り返します。

しかし、このうち成長期の途中で、髪の毛を育てるための毛根を包む組織、毛包の成長が不十分な場合、新しく髪の毛が生えても細く抜けやすい髪の毛となってしまいます。

この三つのサイクルの乱れを、AGAと呼びます。

毛髪サイクルが乱れる原因はいくつかあります。

その中で主な原因として挙げられるのが、男性ホルモンです。

AGAを引き起こす男性ホルモンの一種がテストステロンで、これがジビドロテストステロンというホルモンに変化することで、毛包の成長を阻害します。

AGAが男性特有の悩みである理由が、この男性ホルモンの存在です。

また、食生活や生活習慣もAGAの原因となります。

塩分の過剰摂取や飲酒、糖分など乱れた栄養素の摂取は体内の代謝機能を低下させ、健康な髪の毛を育成させるための栄養素が頭皮に行き届きにくくなります。

頭皮環境の悪化はAGAを始めとした抜け毛や切れ毛といった髪の毛の問題に繋がります。

生活習慣では、血行不良の原因となるものがAGAのきっかけとなります。

運動不足や睡眠不足など乱れた生活を送っていると、頭皮に栄養を運ぶための血行が悪くなってしまい、AGAを引き起こしてしまいます。

日常生活の身近なところにAGAの原因が潜んでいる

このように、日常生活の身近なところにAGAの原因は潜んでおり、実際に発症してしまい悩んでいる方は多くいます。

需要の高まりとともにAGA対策のためのグッズなどの供給数も比例して増加していますが、市販品の育毛剤や発毛剤は効果が緩やかで、その人の頭皮環境に合っているものでないと思うような効果が得られないことも多いです。

AGAに効果的、これを使ったら治るという謳い文句の商品にも、効果の出方に個人差があります。

確実にAGAを治したいという方は、専門の医師による診断と治療を受けましょう。

特化した知識と技術を持っている専門の医師による治療は、セルフでは治せなかったAGAを改善することができます。

AGAの治療は投薬治療と生活習慣が主になりますが、医師の適切な診断によりその人の頭皮環境に合わせた投薬治療を受けることができます。

個人差はありますが、医師の指示の元正しい投薬治療を進めて行けば、早くて三ヶ月で効果が出てきます。

ただし、効果が出てきたからと言って自己判断で投薬治療を止めてしまうと、再び症状が出てきてしまいます。

AGAの投薬治療は、継続して行うことで初めて効果が得られるものです。

専門の医師の指示に従い、そのときに合った治療法でAGAを改善させていきましょう。

専門医師による治療の効果

治療を継続して効果が得られた場合、医師と相談して投薬の量を減らしたり、通院の回数を減らすこともできます。

専門的な知識に基づいた医師による治療法は、市販品を使ったセルフケアでは得られなかった高い効果が期待できます。

市販品より病院で処方される薬の方が効果の出方は大きく早いので、本当に治るかどうか分からないものを使うより経済的かつ計画的です。

治療を受けることでかかる費用はありますが、市販品を数多く試すより安く確実な効果を得ることができます。

AGA治療は早めの対処が効果的です。症状が進行すると投薬治療でも効果が得られず、最終的に自毛植毛が必要となります。

早めの対策をしておくことで投薬治療による確実な効果を得ることができ、症状が出始めてから市販品を試すということもなく、コスト面でも安価に抑えることができます。

確実にAGAを治したいという方は、専門医師による治療を受けるようにしましょう。