AGAを予防する方法はあるの?

AGAになってしまうのが心配だけれど予防することはできるのか。

これについては多くの人が抱く悩みです。

髪の毛が減っていってしまうのは避けたいと考えても、AGAになるのは回避できないのではないかと考えている人もいます。

しかし、それは半分正しく、半分間違っているというのが事実です。

AGAの発症はある程度は予防することができますが、人によっては特別な予防方法を選ばなければならないこともあるというのが正しいと言えます。

AGAの直接の原因は人によって異なります。

予防ができないと考えている人が知っていることが多いのが、遺伝的な要因によってAGAが進行してしまうということです。

AGAの原因として比較的多いと知られているのが男性ホルモンであるテストステロンから合成されているデヒドロテストステロンによってAGAが進行してしまうという事実です。

テストステロンからジヒドロテストロンが作られるのは正常なことですが、髪の毛の細胞がジヒドロテストロンに対する感受性が高い体質の人の場合にはAGAになりやすくなってしまうということが知られています。

これはジヒドロテストロンが髪の毛の細胞に作用すると髪の毛を成長させている段階から抜け落ちる段階へと進行させるからです。

この作用を強く受けてしまう体質は遺伝的に決まっている部分があります。

そのため、遺伝的にAGAになりやすい体質になってしまっていると避けられないと考えてしまいがちなのです。

しかし、テストステロンからジヒドロテストロンへの変換を行う酵素の機能を阻害することによってこの問題を解決できる薬が開発されています。

そのため、AGAクリニックに行って薬を処方してもらうとAGAの進行を止めることができるのです。

遺伝子検査によって遺伝的にAGAになりやすいかどうかも診断してもらえるため、心配な人はAGAクリニックで検査を受けてみるのが重要と言えます。

生活習慣の影響でAGAが進行する?

このような要因以外にも生活習慣の影響によってAGAが進行するということもよくあります。

これに関しては誰もが予防のために取り組んでいくことが可能です。

生活習慣の中の様々なものがAGAの進行を進めてしまう原因になることがわかっています。

典型的なのはストレスであり、自律神経系に失調が生じてきてしまうと男性ホルモンが過剰になってしまうことがあり、それが原因でデヒドロテストステロンが増えてしまうという場合があります。

ストレスを溜めないように心がける生活を送ることによって予防をすることができるのです。

また、食事の偏りによって髪の毛を成長させるのに必要な栄養素が不足してしまうとAGAが進行しやすくなってしまいます。

髪の毛の大半はタンパク質からできているのでダイエットなどをしているときだとしてもタンパク質不足にならないように気をつけるのが予防策です。

また、より多いのがビタミンやミネラルの不足であり、ビタミンB1やビタミンB2、葉酸、亜鉛などの新陳代謝に関わるビタミンやミネラルを十分に摂取することが大切になります。

一方、血行不良が原因でAGAが進んでしまうこともあるので気をつけなければなりません。

運動習慣を作るのは血行を促進する上で良い方法です。睡眠不足や睡眠リズムの乱れが問題になることもあります。

新陳代謝を活性化させるには十分な睡眠時間を確保することが必要です。

睡眠の時間帯として深夜付近は特に新陳代謝が高くなりやすいので、この時間に深い睡眠を取れるように生活リズムを整えるのも予防になります。

このような形で健康的な生活を送れるように生活習慣を改善することがAGAの予防につながるため、日頃から健康志向を心がけるのが大切です。