ストレスから発症するAGAや薄毛

AGA(男性型脱毛症と)は、円形脱毛症のように頭の一部分がハゲもしくは薄毛となってしまうのではなく、生え際や頭頂部といった広範囲の髪の毛が抜けたり薄毛となったりする脱毛症を指しています。

ただしAGAには、他の脱毛症に見られない特徴があるのです。

AGAの主な原因となる男性ホルモン

AGAの主な原因は「男性ホルモン」で、その中でもDHT(ジヒドロテストロン)と呼ばれる男性ホルモンがAGAを引き起こす直接の原因となっています。

これが、AGAと他の脱毛症が異なっている大きな点と言えるでしょう。

DHTは、男性ホルモンであるテストステロンが5αリクターゼと呼ばれる酵素と結びつくことで発生します。

5αリクターゼが発生する理由は、「加齢」と「ストレス」の2つです。

「加齢」に関しては、年齢が高くなることによってテストステロンが減ってしまうのを補うべく、体が5αリクターゼの働きを活発化させて、同じ男性ホルモンのDHTを生成するという仕組みとなっているのです。

この「年齢」に関しては、個人差もありますがある程度仕方がないとも言えるでしょう。

しかしストレスという原因は、年齢に関係なく薄毛を進行させてしまうのです。

ストレスで進行するAGA

ストレスでDHTが大量に発生してしまう背景には、日常生活が大きく関係してきます。

例えば強いストレスを感じながら日々を過ごしていると自律神経の働きが悪くなり、ホルモンバランスが乱れてしまうのです。

それが原因で全身の血行も悪くなると、当然のことですが頭皮の血行にも悪影響が出てきて頭皮が硬くなります。

頭皮には毛細血管が薄く広く張り巡らされているので、頭皮が血行不良に陥ると、本来は毛細血管を通して隅々まで行き渡るはずだった栄養が滞ってしまうのです。

すると体はその状態に反応して、男性ホルモンを生成することでバランスを取ろうとします。

具体的には5αリクターゼを発生させて男性ホルモンであるDHTを生成していくのです。

直接的にストレスとAGAが繋がっているわけではありませんが、ストレスを受け続けることで確実にテストステロンが5αリクターゼと結びつく環境ができあがってしまいます。

それが結果として、DHTを発生させる下地を整えることになってしまうのです。

しかしAGAの発症を押さえて薄毛を進行させないため自律神経を安定させるには、どういった対策を取っていけばよいのでしょうか?

食生活と睡眠の改善でAGAを予防できる

自律神経の働きを整えていくのに有効な手段を握っているのは、食生活と睡眠です。

実はこの2つに関してはどちらもすぐに変えることができますので、積極的な姿勢で生活改善に取り組んでいきましょう。

食生活では、髪の毛の成長に必要なたんぱく質やミネラルの豊富な食材を多く食べるようにすることがお勧めです。

特に自律神経が乱れると体が冷えやすくなってイライラしがちになるため、鉄分やカルシウムを意識して摂取しするのが効果的でしょう。

脂肪の多い食事、特にジャンクフードを多く食べると、毛穴に脂肪が詰まりやすくなるので注意してください。

またある程度の睡眠時間を確保することももちろん大切ですが、「睡眠の質」にもこだわりましょう。

人間は睡眠中に最も多量の成長ホルモンを分泌します。

この成長ホルモンが分泌されると、体内にあるたんぱく質と結びついて髪の毛を作っていくという仕組みになっているのです。

つまり睡眠の質が悪いと上手く成長ホルモンが分泌されないまま、髪の毛があまり伸びない、または髪の毛そのものの質が悪くなるということが起こってしまいます。

良い睡眠を取ることで自律神経が安定し、ストレスを感じにくくなるのです。

AGAによって生え際や頭頂部などの薄毛が進行している方は、慌てて育毛剤や育毛シャンプーに手を出す前に自分自身の日常生活を見直してみてください。

またAGAの進行具合に不安を感じた方は、自己流で色々と試してみることも大切ですが、育毛クリニックなどで専門的な診断を受けることを考慮にいれてみるのもお勧めでしょう。