日本人の4人に1人はAGAや薄毛に悩んでいる?

薄毛といえば、30代や40代になってからの悩みというイメージを持つ人も多いでしょう。

しかし、現在では10代や20代で薄毛を自覚する人も増えてきています。

日本人の場合、10代で髪の毛が薄いと悩む人の割合は10人に1人程度ですが、20代になると4人に1人の人が薄毛で悩むようになります。

そんな10代や20代の薄毛の特徴は、髪の毛全体の量が減ってきたと感じることです。

密度によっては、地肌が目立つこともありますが、20代までの間は生え際が後退する、頭頂部が薄くなるなど、目に見えて分かる薄毛になる人は比較的少なめです。

30代以上になるとAGAや薄毛に悩む人が増える

30代以上になると、薄毛で悩む人の割合が更に増えるだけでなく、部分的に薄くなってきたことで悩む人が一気に増えます。

その原因として考えられているのが、日常のストレスです。

30代以上になると、結婚をして家庭を持つ人が増え、今まで以上に仕事や日常生活でストレスを感じやすい状態になります。

ストレスというのは、男性ホルモンの分泌量を増やすものです。

男性ホルモンのひとつ、テストステロンは5αリダクターゼという酵素と結びつくと、健康な髪の毛の成長を阻害し、短期間で髪の毛が抜けやすい状態を作ります。

しっかりと育つ前の髪の毛が抜けると、ヘアサイクルが乱れ、徐々に薄毛へと変わっていくことになります。

ストレスが多くなりやすい、30代以降というのは、男性ホルモンの影響に寄る薄毛やAGAで悩まされる人が増える時期です。

そして、薄毛の割合は、年代が上がる程に増え、50代では約半数の人が、60代になると6割もの人が薄毛に悩む状態となります。

ストレスが多くなるとAGAや薄毛に悩まされやすくなる

ストレスが多くなると、薄毛やAGAに悩まされやすい状態になりますが、原因や症状は人によって様々です。

30代以上の薄毛で悩む人全員が、生え際や後頭部などの地肌が目立つことで悩んでいるかといえばそうではなく、全体的に髪の毛が薄くなってきたことに悩んでいる人も多くいます。

そして、進行具合も人によって大きく異なり、地肌が大きく目立つ人もいれば、周りから見て分からない程度の薄毛で悩む人というのも少なくありません。

ただ、症状に関わらず髪の毛が薄くなってきていると感じたら、その時点で対策を始めておくことが大切です。

AGAというのは、対策や治療を行わなければ、症状が進行していく可能性が高いものです。

早く対策を始めれば、比較的短い期間で効果を実感することができるでしょう。

しかし、対策や治療の開始が遅れれば、なかなか効果を実感できない状態になります。

更に、毛穴の中の毛乳頭や毛母細胞が死滅をすれば、どれだけ良い育毛剤を使っても、高い効果を期待できる治療法を行っても、髪の毛は生えてきません。

薄毛が気になっていても、育毛剤を購入することや、AGAクリニックに通うことに対して抵抗を感じるという人も多いでしょう。

しかし、日本人の多くの人が薄毛やAGAで悩んでいることを考えると、対策や治療を始めるということは、恥ずかしいことではありません。

悩みを抱えていると、そのことがストレスになり、より症状が進行してしまうこともあります。

そのため、気になっているのであれば、早めの対策がおすすめです。

AGAや薄毛対策を本気で改善したいなら

薄毛やAGA対策には様々な方法がありますが、本気で悩みを改善したいのであれば、AGAクリニックに行くと良いでしょう。

現在は、手軽に購入できる育毛剤やケア用品も多く販売されています。

そんな中でクリニックを選ぶメリットは、検査やカウンセリングによって原因を突き止められることです。

原因が分からないまま対策をしても、期待する効果がでない可能性があります。

それだけに、薄毛で悩んでいるのであれば、まずは原因の特定から始めておくことがおすすめです。