若くてもAGAや薄毛になる人の特徴は?

AGAは、「男性型脱毛症」のことですが、遺伝要素と男性ホルモンが主な原因です。

男性ホルモン「テストステロン」は男性らしい筋肉や肉体、体毛を濃くする働きがありますが、頭部にかぎっては様々な影響によって「ジヒドロテストステロン」という男性ホルモンに変えてしまいます。

活性力が強力な「ジヒドロテストステロン」の影響を受けやすいかどうかでAGAになりやすい人かが決まります。

AGAが発症している毛髪なのかを確かめる方法は、抜け毛がサインです。

毛髪が早い段階で成長をやめて脱毛する状態は注意が必要です。

まだ若いのに抜け毛の量が気になると言う人はクリニックなどに相談してみるとよいです。

AGAによる薄毛は、遺伝的要素が8割を占めますが、父方より母方の毛髪に関係してきます。

このことから母方の祖父が薄毛の場合は育毛対策が必要といえます。

遺伝と男性ホルモンがAGAになりやすい原因ではありますが、自分は大丈夫と不規則な生活を送っていると、血行が悪くなり毛穴を詰まらせ抜け毛になります。

栄養のある食事に質のいい睡眠は血液をサラサラにさせ、毛穴と毛髪を綺麗にしてくれます。

タバコやお酒が好きな方は程々にしたいものです。

AGAは男性ホルモンだけが原因ではない

AGAはストレス要因も大きく関係します。

遺伝、男性ホルモンだけがAGAの原因ではありません。

遺伝に関係なくAGAになってしまう人もいます。

ストレス社会の多い現代、若いから無理をしても大丈夫と思っていませんか?

ストレスを貯め込むと血行が悪くなり髪の毛に栄養が行き届きません。

その結果、AGAになる可能性を高めてしまいます。

ストレスを完全に断つことは難しいので、上手く付き合っていくことが大切です。

ストレス発散のための適度な運動や散歩、趣味などで自分の好きなことができていることもAGAの発症を防ぐためには必要なことです。

AGAの予防策としてのお手入れ

AGAの予防策として、普段のお手入れが関係します。

シャンプーがしっかり流し切れていないことはAGAになりやすい人と言えます。

毛穴詰まりが原因で抜け毛になります。

シャンプーの方法は、髪の毛の埃を指で払い、しっかりと髪の毛を湿らせ、シャンプー剤は必要な分だけを付けてください。

頭皮を揉み込むように洗い、お湯で洗い流すときは、洗髪時間より倍の長さでしっかりと頭皮の汚れを流しましょう。

指で頭皮をやさしくこすりながら流します。

トリートメントを付けるのなら毛先だけです。

根本付近に付けると、毛穴詰まりの原因になります。

その後、タオルドライをしたら終わりではありません。

ドライヤーで根元の水分を飛ばすように乾かしてください。

自然乾燥は頭皮の根元に水分が溜まったままでよくありませんし、臭くなります。

AGAの発症を招く原因にもなります。自分に合った育毛ケア商品を使ってみることも手段のひとつです。

AGAは遺伝や男性ホルモンだけが原因ではない

遺伝や男性ホルモンだけが原因でAGAになるわけではないので、若い方こそ生活習慣と頭皮と髪の毛のお手入れを見直してください。

食事は脂っこいものや清涼飲料水を控え、毎日2、5リットルから3リットル程度の水を飲みましょう。

AGA傾向にある頭皮、薄毛の方には水を飲むことによって血液がサラサラになり頭皮の毛穴詰まりを解消させてくれます。

普段から洗髪をしていてもベトつきが気になる方は、髪の毛が原因ではなく、毛穴に問題がある可能性が高いので洗髪以外では毛穴を詰まらせないことを考えてみてください。

健康的な生活と頭皮ケアで十分にAGAの発症を遅らせることは十分に可能なことです。

もしAGAの発症の痕跡を見つけたとしても早期の治療で対策、改善が見付かります。

AGAは遺伝しますが、多くの場合、発症を防いだり、進行スピードを遅らせたり、止めることもできる現代ですから、AGAの正しい知識を持ち、AGAになりやすい原因を知ることが必要です。