AGAは男性だけではない!女性でもAGAになるって本当?

AGAとは「男性型脱毛症」のことですから、男性だけの病気のようなイメージがあります。

しかし、実はAGAは、男性限定の病気ではなく、女性もかかることがあるのです。

女性のAGAは、「女性男性型脱毛症」と呼ばれ、女性を表わす「Female」をつけて、「FAGA」と表現しています。

FAGAについて、発症の原因と対処法を見ていきましょう。

女性がAGAになる原因は?

男性型脱毛症(AGA)の原因は、男性ホルモン(テストステロン)がDHT(ジヒドロテストステロン)に変化して髪の成長が阻害されるため、発毛のサイクルが短くなってしまうことです。

女性の体内にも、少量ですが男性ホルモンは分泌されています。

けれども、女性ホルモン(エストロゲン)が十分に分泌されている間は、男性ホルモンの影響はあまり受けません。

女性ホルモンは、毛髪を育てる働きがありますから、女性で薄毛に悩む人は男性よりは少ないのです。

しかし、加齢などによって女性ホルモンの分泌が減少すると、男性ホルモンの働きが活発になり、女性でもAGAの状態が起こりやすくなってしまうのです。

女性ホルモンが急激に減少するのは、個人差はありますが40代後半からの更年期です。

けれども女性ホルモンの減少は、加齢の他にも過度のダイエットやストレスによっても引き起こされます。

妊娠・出産が引き金になってバランスが乱れてしまうこともあります。

そのため、中年以降の人だけでなく、20代・30代の若い人がFAGAを発症することもあります。

頭頂部や生え際など局所的に髪が薄くなる男性のAGAと違って、女性の場合は、髪が細くなって全体的に薄くなる傾向にあります。

心配し過ぎるのはいけませんが、抜け毛が増えてきて髪のボリュームが著しく減ってきたと感じたら、早めに対策を講じましょう。

女性のAGA治療

女性の場合、男性のAGAの治療薬(フィナステリド)を使うと、その後妊娠をしたときに胎児に悪影響が及ぶ可能性があるため、この薬は使用できません。

ですから、「FAGA」の対処法は、ホルモンバランスを整えることが重要になってきます。

まず心身のストレスを取り除くようにします。
現代社会で生活していれば、ストレスから逃れるのは難しいですが、適度な運動や楽しめる趣味などで、ストレスを発散するようにしましょう。

夜、湯船にゆっくりと浸かって温まるというような簡単なことでもいいのです。

自分がリラックスできることを探してください。

また、生活習慣を正しくし十分な睡眠と休養を取りましょう。

過度なダイエットは止めて、栄養を摂取してください。

栄養不足の状態が続いていたら、人体は生命維持を第一にして、毛髪よりは身体に届ける栄養を最優先にします。

十分な栄養を取っていないと髪を育てることはできません。

肉や大豆などに含まれるタンパク質や、魚介類や海藻に含まれる亜鉛は大事です。

また、卵やレバーなどに含まれるビタミンB群、野菜や果物に多く含まれるビタミンA,C,Eなども大切ですが、特定の食品を食べれば良いのではありません。

バランスの取れた食生活を目指してください。

ピルを服用している人は、理由があって服用しているのでしょうから、婦人科の主治医と相談して対応を決めてください。

喫煙は、血管を収縮させてしまいますので、頭皮の血流が悪化して髪に栄養が届かなくなります。

たばこを吸う人は禁煙をしましょう。大量の飲酒も、毛髪に悪影響を与えます。

また、ホルモンバランスとは関係ありませんが、頻繁にヘアカラーを使うことは毛髪を直接傷めてしまいますから、使いすぎには注意しましょう。

女性の魅力の一つでもある髪の美しさを守るためには、全身的な健康が必要です。

運動と栄養を忘れず、休息を取りながら体と心の健康を保っていきましょう。